HOME>オススメ情報>海外で会社を設立する際に知っておくべき事

国により法律は異なる

仕事

海外で会社を設立する事は以前より活発に行われていますが、注目される香港もまた激戦区とも言えます。しかし海外で会社を設立する際には、その国毎のルールを知っておく必要はあります。香港では現地法人・支店・駐在員事務所の3種類が設立可能です。支店は日本が本社である形であり、会計監査が不要と言うメリットがあり、損失も本社と合算できるのでリスク分散が可能です。現地法人もまたメリットは大きく、低税率を受ける事ができ損失の繰越が持ち越せます。会計監査は毎期必要にはなります。駐在員事務所は手続きが非常に簡単であり、会社を設立する必要も商業登記する必要もありません。ただ商業登記は当然行う必要があります。会計監査も不要という事なので、ハードルは特に低いと言えます。この様に香港で会社を設立や事業拡大を検討している場合、その取る手によって様々な恩恵と違いが発生します。

サポーター会社を活用する事で不安解消

女性

香港では法人税の面や会社維持コストの低さなどメリットは複数あります。しかしその国によって様々な仕組みや法律があり、営業活動など現地に詳しいサポーターは必須と言えます。一般的に海外へ会社設立する際には、本社から現地調査員のチームを作り現地入りして調査する事になりますが、それでは情報が不足しています。やはり現地に在住しておりその道のプロでないとわからない部分は非常に多く、付け焼刃の知識で臨むと痛手を被る事になります。その為、現在では海外進出を考えている企業をサポートする会社が増えており、活用されています。サービスやプランによって異なりますが、会社設立フォーマットの記入とパスポート及び証明書のコピーなどを用意する事でほぼ準備は終了です。その他必要な設立費用を用意する事で会社設立をサポートしてくれます。当然サポート会社とどの様なサポートを受けるのかやビジョンを共有する必要はあります。

広告募集中