注意点がある

握手

香港は欧米などと比較すると地理的に日本から近く、中国などとビジネスを行いたいという場合にはその窓口にもなるなど、様々な理由から会社の設立を検討する人も多いです。香港で会社を設立することを考えているという場合、注意点がいくつかありますのでご紹介しましょう。まず、香港で会社設立を行う場合には人によるといえますが、多くの場合には代行業者が必要とされ、適切な代行業者を選ぶことが大切です。中には不適切な業者などもおり、詐欺などに合わないようにする必要があるともいわれており、きちんと法人設立を行ってくれる業者を選ぶことが重要です。基本的に、会社設立までのプロセスを全て代行業者に行ってもらえますので、費用を送金したり、必要書類などを準備して送ると、日本にいながら会社設立まで完了できます。適切な代行業者を選ぶためには、実際に香港に法人を設立している先輩たちに紹介してもらうと安心できます。また、法人の設立には費用が掛かりますので、必要な費用をきちんと準備してから設立手続きを行う必要がありますし、その後、毎年必要になる費用もあります。更新の際に必要な費用などは、たとえ会社を休眠させていてもかかるといわれていますので、こうした点をよく確認してから代行業者に申し込みを行う必要があります。このように、適切な業者を選び、必要な費用について事前によく確認してから設立を行うことが大切です。

どうして注目されているのか

男女混合

香港での会社設立を行う人も増えており、香港で会社を運営したいという日本人の数も増えているといわれています。どうして香港で会社を設立したい人が増えているのか、その理由としていくつかの点が挙げられており、中国との貿易の窓口的なエリアとして注目されている点などがあります。他にも、経済的自由度が高いということも香港で会社設立を行う理由として挙げられます。さらに、中国などを含むアジア全体のビジネスのゲートウェイ的な場所で、この場所に法人登記をするときには、香港非移住者であっても株主や役員になれます。日本に住んだままでこの場所で会社を立ち上げることができるという点なども注目度が高い理由になっているのです。また、その場合に、資本金が1HKドルからとなり、比較的少額の費用で設立ができるという点も人気の理由です。事業内容についても詳細な事業目的を列挙する必要がなく、おもな事業内容を示せばよいと考えられていますので、会社を設立しやすいといえます。

広告募集中